いまここを生きる。

 

 

 

死、そして

その向こう側へと続く道。

この道の“いまここ”を

生きるわたし。

 

愛することは生きることなり!

 

人との関わりなくして 

人生にあらず。