もう一つの仕事。卒業しました。

ある日、1本の電話がかかってきた。
 

ある 会社の経理のすべてを担当していた方の急死の知らせだった。

 

そして、税理士事務所を退職したばかりの私に、

「社員に支払う給料も仕入れ先にいくら支払えばよいのかもわからない。何とかしてほしい。」

というのだ。

 

まあまあ、そんなに困っているのなら毎日は無理だけど週に2-3日のパートで良かったら行きましょう。

 

そんな軽い気持ちで始めた仕事だった。

 

あれから18年。気づけばパートとは名ばかりの、会社経営の日々。

毎月の資金繰りから決算、社会保険手続きから労災、各種保険、何から何までやっていた!!!!!

給料だけはパートで、やってることは会社社長という貴重な経験をさせていただきました。
ーーそれを、3月31日で卒業したのだ。


自分から辞めた。 

ああ!それなのに。
なに?この空虚感。

身体の一部が欠けてしまったような、心もとない感覚。

そして、いまだかつて経験したことがない体調不良の日々。

 

たかがパート。されどパート。

お疲れさま。わたし。
 ここはもう、充分お休みしましょ。